アメリカ不動産投資で収益アップ|賢い投資をしよう

一軒家

アメリカへの投資が人気

マンション

どうしてアメリカか

海外、とりわけアメリカへの不動産投資が目立つようになっています。堅実なアメリカ経済と、日本とは性質の異なる税制など、アメリカ不動産投資で得られるメリットは小さなものではありません。シェールガスによるエネルギー革命に端を発する、エネルギー供給国や新興国の経済不振が高まる中で、やはりアメリカの経済が最も安定しているとして、鍾愛を考えた投資先に選ばれるケースが選ばれることが増えています。折しもリーマンショックから立ち直ったアメリカ経済はさらに堅調化しており、アメリカ不動産投資は将来にわたる安定した収益を見込めるのです。人口が減少し、経済も低調が続いている日本と比べて、人口が伸長して経済も回復しているアメリカに投資するメリットは大きいと見込まれているわけです。

さまざまな恩恵が

アメリカ不動産投資をすると、日本とは違う多くの恩恵を受けることが期待できます。たとえば、アメリカで取引される物件というのは、圧倒的に中古が多く、新築物件はほとんどありません。築年数が50年を超えることは一般的であり、100年やそれを超える築年数の中古物件も決して珍しくありません。日本の場合、築年数の嵩んでいる中古物件に不動産投資することはポピュラーではありませんが、この違いをついてアメリカ不動産投資をすると大きな節税効果が見込めます。すなわち、建物の減価償却の問題です。アメリカの不動産の場合、建物の購入から一律27.5年が耐用年数になっていますが、これを日本において事業所得として確定申告すれば、4年で減価償却をすることができることもあるため、課税所得を大幅に圧縮することが期待できるのです。